【コラム】介護ロボットの着眼点

介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが・・・

高齢化の進展に伴う社会課題の解決、それに新産業の育成という面でも注目される介護ロボット。

このコラムでは「介護ロボットの着眼点」と称し、私、関口が2010年にスタートさせ、現在も取り組んでいる介護ロボットの普及推進にまつわる話をお伝えします。

過去の取り組みをはじめ、現在、未来と時間軸をずらし、あるいは、メーカー、介護施設などと立場を変えながらお伝えする介護ロボット普及推進のコラムです

 

2016年5月20日(金)

介護ロボットの着眼点002:介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが

昨日、東京の大和ハウス工業様で開催されたイベントにパネラーとして参加いたしました。そのイベントでモデレーターの方から最初に次の質問が飛んできました。それは、「以前と比べて、介護ロボットの普及はどうか?」と。その回答の1つは、「介護ロボット」が当時よりも遥かに認知されるようになったということです。

実は、私が介護ロボットの仕事をスタートさせたのは2010年の神奈川県事業でした。その年度の事業では計4機種のロボットを介護施設や病院に3カ月間試験導入したのです。2010年当時は「介護ロボット」という言葉がまだ知られていない状態でした。しかも、ロボットという表現に対する反対意見を常に耳にしていました。

例えば、事業の委員会のディスカションでは、「ロボットではぬくもりが感じられない」「ロボットは機械であり冷たいイメージを与える」などと指摘されていました。「介護ロボット」ではなく別の表現に変えた方が良いとの議論が行われ、「〇〇共生〇〇〇」と「共生」という言葉を使った別名を考え出したことさえありました。

また、事業の一環として介護施設に「介護ロボットに関するインタビュー」を行うために県内の施設や病院をまわっていました。しかし、介護ロボットに対するイメージが人によってあまりにもバラバラなために、「介護ロボットにはこういう機種がありますよ!」とお知らせするために画像付きの一覧表を見てもらった上でインタビューをしていました。人によって介護ロボットに対するイメージが大きく異なるために、インタビューを始めるためのお膳立てが必要だったのです。「介護ロボットにはこういうものがあります」と相手の認識を確認して、お互いに「介護ロボットとは・・・」についてすり合わせた上でインタビューをする必要があったのです。

ところが、その後、状況は大きく変わりました。介護問題がメディアで頻繁に大きく取り上げられるようになり、「介護ロボット」について繰り返し取り上げられました。私もメディアから再三にわたり取材を受けることになりました。

そんなメディアの力もあり、今では「介護ロボット」について、介護職員であれば殆どの方が少なくても1-2機種はイメージできるようになりました。一般の方でも具体的な機種名については何も知らなくても、多くが「介護ロボット」という言葉を知ってくれるようになりました。つまり、以前よりも介護ロボットの認知度が飛躍的に高まったのです。

 

しかし、「普及が進んだのか?」と問われると「まだまだ!」という感じです。これについては次回にお伝えします。

介護ロボット市場開拓のマーケテイング

【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛び付く前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると