介護ロボット経営実践会

当会のウェブページへのご訪問、ありがとうございます。こちらでは下記の方々を対象に、介護ロボットの「売り手」と「買い手」双方の課題や解決策などを解説していきます。

介護施設・業界団体・行政の方へ

企業の方へ

少子高齢化に伴う深刻な人手不足をはじめ介護分野が直面する問題に対応するため、ロボットやICTなどの活用による利用者の自立支援、職員の負担軽減、生産性向上などが求められています。

インターネット(パソコン、スマホ)の登場により私たちの生活は大きく変わりました。時代を見通せば、今後、ロボットやICTなどの普及により介護現場は大きく変わっていきます。

今は変革に向けた過渡期です。新しい時代の幕開けが待っています。しかし、今のままでは介護現場への普及に時間が掛かるかもしれません。なぜなら…

  • 価格が高いから?
  • 技術先行の製品が多く、使い手のニーズやリテラシーに合致しないから?
  • 介護現場の業務は、ホスピタリティの提供であり、モノを扱い分業化が進んだ工場や物流現場とは違うから?

どれもその通りですが、介護ロボットがなかなか普及しない問題点を大きな一つに絞り込むと「ギャップ」ではないでしょうか?

新しいテクノロジーを用いた「モノづくり」ばかりに注目が集まりがちですが、それ以外にも「ギャップ」を埋めるためには、「売り手」と「買い手」双方がそれぞれの課題に取り組む必要があるのではないでしょうか?

 

介護ロボット経営実践会では「売り手と買い手、双方の課題解決でギャップを埋めるお手伝い」を事業コンセプトに、これらの課題を解決するために活動しています。

実績多数、日本全国、対応可です。

介護ロボット 講演

介護ロボット セミナー

なるほど、そんな視点があったのか!

誰も気づかなかったロボット活用

期待大だが、特異な市場!

特異な市場をどう攻める?

介護サービス事業者向け「PDCA ✕ 業務標準化」実践セミナー

3点について学ぶ介護事業者向けセミナー
・PDCAのまわし方
・業務の標準化
・目標設定

介護ロボット市場開拓のマーケテイング

【No.33】介護ロボットはキャズムを越えられるか?
【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛び付く前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると