主宰プロフィール

主宰プロフィール

関口 史郎 (Shiro Sekiguchi)

経歴

  • 1969年1月生まれ。
  • 東京都内の私立高校在学中、アメリカのハイスクールに1年(9ヶ月)通いました。
  • アメリカの大学を卒業しました。専攻は経営・管理工学(Industrial Management)。
  • 大卒後、東京・八王子市のオリンパス勤務を経て、再びアメリカに留学。
  • 1997年にアメリカのビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得しました。
  •  アメリカのビジネススクール留学中は、一旦休学して、世界最大級の医療機器メーカーであるボストン・サイエンティフックの本社(マサチューセッツ州)で日本市場向けのマーケティング業務に携わりました。
  • 帰国後、当時ジャック・ウェルチ氏が最高経営責任者を務めていたアメリカ企業の日本法人や中小企業などで、主にプロジェクト単位で事業(業務)を担当しました。
  • 主に担当したのは、シックスシグマという手法を使った業務プロセス改善プロジェクト、ロジスティクス拠点(ネットワーク)構築プロジェクト、「売上ゼロ」「顧客ゼロ」からの健康食品の通販事業の立ち上げなどです。20代からグループ内の複数社で取り組む会社横断的な大きなプロジェクトのリーダー(責任者)を務めました。
  • 2010年から公益社団法人かながわ福祉サービス振興会で、事業の推進役として介護ロボットの普及推進事業に携わりました。メーカー、施設、それに行政の間に入り、橋渡し役のような立場で数多くの介護ロボット導入支援に関わりました。神奈川県内を中心に、数えきれないくらい多くの介護施設を訪問しました。
  • 介護ロボットの実証実験・試験導入をはじめ、委員会の運営、展示会の企画・運営、市場調査、メーカーと施設の仲介役など、介護ロボット普及を目的にさまざまな活動を牽引しました。

  • また、事業は大きく注目され、多数のメディアに取り上げていただきました。介護ロボットの存在が世の中に広まるキッカケになりました。
  • 介護ロボットが注目されたお蔭で、自身も多数のメディアに紹介されました。雑誌に何度も寄稿しました。テレビ(NHK、テレビ東京、BSフジ、他)の生放送討論番組ではスタジオ生出演して、全国の視聴者の前で介護ロボットの話をしました。
  • 介護ロボットの存在が認識されてきたお蔭で、大学や自治体をはじめ、中学校や小学校からも呼ばれて介護ロボットの講演をしました。
  • 介護ロボット市場に参入を検討している企業や団体から多数の相談があり対応しました。メーカーをはじめ、商社、銀行、シンクタンク、不動産、ベンチャーキャピタルなど業種はさまざです。
  • 国内の企業や団体だけではなく、中国、韓国、フランス、ノルウェーなど海外からの方に対しても、介護ロボット事業の相談対応や視察先(ロボット導入先)の紹介などをしました。
主なプロジェクト経験(介護&ロボット関連を除く)

 「売上ゼロ」「顧客ゼロ」からの健康食品事業の立ち上げ

 知名度の低い食材のブーム起こし(トレンド作り)

 ダイレクトマーケティングの手法を用いた顧客育成の仕組み作り

 国際マーケティング(事業)戦略の立案

 市場などマーケティング面を重視した物流拠点構築の企画

 シックスシグマ(経営改革の手法)を用いた業務プロセスの改善(例:コールセンターの改革)

 品質システムの構築

お気に入りの言葉

世の中には、偉人達によるさまざまな名言や格言などがありますが、下記の「薩摩の教え ~男の順序~」がとてもお気に入りです。これを知ったのは2003年頃。ヘッドハンティングをされている方の名刺の裏に記載がありました。それ以来、職場など周囲を見渡して、薩摩の教えの通りであることをいつも痛感しています。

 

薩摩の教え ~男の順序~

  1. 何かに挑戦し、成功した人
  2. 何かに挑戦し、失敗した人
  3. 自分では挑戦していないが、挑戦する人を手助けした人
  4. 何もしない人
  5. 何もしないが、他人の批判だけをする人

介護サービス事業者向け「PDCA ✕ 業務標準化」実践セミナー

3点について学ぶ介護事業者向けセミナー
・PDCAのまわし方
・業務の標準化
・目標設定

介護ロボット市場開拓のマーケテイング

【No.33】介護ロボットはキャズムを越えられるか?
【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛び付く前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると