メッセージ(ご挨拶)

こんにちは。介護ロボット経営実践会を主宰している関口史郎です。この度はホームページのご訪問、ありがとうございます。

介護ロボット経営実践会を立ち上げるに至るまでの考えや経緯、それに私のプロフィールを、ちょっと長くなりますが紹介します。

ロボット普及のお手伝いで、わくわく介護と明るい超高齢社会

この想いが、2000年頃から「超高齢社会に向けて、(介護を含め)健康関連分野で新しい市場を創る仕事をしたい!」と思い続けてきた私が介護ロボット経営実践会を立ち上げたキッカケです。

自分の足で現場に出向き自分の目で実態を把握してきました!

私は神奈川県横浜市にある公益社団法人かながわ福祉サービス振興会に籍を置き、2010年から国や他の自治体に先駆けて介護ロボットの普及推進事業を担当しました。

当時からロボット開発者は大勢いましたが、介護ロボットの市場は未知の世界でした。モノづくりをする人や政策に関わる人は大勢いたのに、一番肝心な市場(マーケット)を理解しているような人は殆どいませんでした。そこで、私は神奈川県事業をキッカケに、人に頼ることなく自分の足で何度も施設に出向き、自分の目で現場の実態を把握する見聞情報の収集に努めました。

 

かながわ福祉サービス振興会の在籍中だけでも計20機種以上のロボット、計100以上の事業所の(試験)導入に関わりました。それ以外にも、主は神奈川県内ですが優に数百ヵ所以上の介護施設や病院を訪問し、経営トップから現場の職員に至るまで多数の方を取材する機会に恵まれました。

汗だくになる真夏もコートを着込んでも寒い冬も関係なく、殆ど毎日のように大小さまざまな施設へ出向き、検証事業や普及活動などに数多く携わり、介護ロボット全般にわたる情報を蓄積してきました。

 

また、テレビ・雑誌・新聞といったメディアからの取材依頼(→「メディア実績」参照)や各種団体からの講演依頼にも数多く対応しました(→「講演・セミナー実績」参照)。

さらに、製造業をはじめ商社・システム会社・不動産会社・シンクタンク・リサーチ会社・コンサル会社・銀行など優に100を超える国内外の企業や団体から介護ロボット市場への参入などに関する相談にも対応しました。そして自身で見聞きしながら把握した市場や業界に関する情報の提供ました。

 

このように介護ロボット業界に関わる多くの人と接しました。メーカー・施設・行政の間に入って橋渡し役のような立場で数多くの介護ロボット導入現場をみてきました。「売り手」と「買い手」の間に挟まれ、トラブルにも何度か巻き込まれました。お蔭様で、介護ロボット市場の開拓に関し色々なことがよくわかってきたのです。

 

介護ロボットはまだ普及していない?

2012年頃から、国やいくつもの自治体が「ロボットを開発する側」に「早く良いモノを作って下さい!」と補助金を出して盛んに応援してきました。一方、「使う側」の介護施設に対する負担軽減の支援も次から次と出てきました。

国や自治体の支援策により、介護ロボットはメディアでの露出が増え大きく注目されました。一定の成果はありました。しかし、実際には介護ロボットの普及はあまり進んでいないのが実態ではないでしょうか?

以前は興味を示した、あるいは、導入実績がある施設についても、大半は“本格的な導入”には至らなかったのです。せっかく国や自治体の補助事業を活用して介護ロボットを導入したのに、時間の経過と共に使われなくなってしまうケースが数多く見られました。

 

理由は「ギャップ」があるから!

介護ロボットがなかなか普及しないのは、「価格が高い!」という価格面や「完成度がまだイマイチ!」という使い勝手・機能面以外にも、業界を取り巻く環境が複雑で課題があるからでしょう。

また、「ロボット!」「ロボット!」と大きく期待されていますが、介護現場はロボットが活躍する工場や物流倉庫と異なり必ずしも生産性や効率性が求められる職場ではありません。サービス業でありホスピタリティが求められる職場です。同じ「ロボット」という用語が使われていますが、産業用ロボットが活躍する世界とは明らかに使われる環境が異なるのです。

介護現場ではモノではなく人を相手にします。しかも高齢者です。ロボット購入の意思決定は受入施設の上層部、でも使うのは現場の職員です。ところが、ロボット使用による最終的な恩恵者は高齢者。しかも、その高齢者が自ら自身に対するサービスの選択をするよりもその家族の意見が強く反映されます。

 

さまざまな課題があるのですが、介護ロボット普及に時間が掛かるのは、突き詰めると「ギャップがあるから」と私は考えています。

 

ギャップが埋まらない原因は?

では、どんなギャップがあり、なぜそれが生じるのでしょうか?

まず上述の通り、価格面や機能面などのキャップが挙げられます。

殆どのロボットメーカーは「ロボット」というモノを直販あるいは代理店などを通じて販売する「モノの売り切り」のビジネスモデルで事業展開しています。一方、受入施設は、ロボットというモノを与えられ、その操作方法を教わる程度では「上手く活用し切れない!」というギャップがあります。また、ロボットという有望市場への期待が大きく、国・自治体・民間企業などが注目する一方、「ロボットの活用は課題解決の1手段に過ぎない!」という姿勢の介護現場との間にはマインド面のギャップもあります。

 

また何かと技術先行的で論文発表に使うようなアカデミックな面を強く打ち出して情報提供するのが研究開発サイド。一方、介護現場にとってそんな小難しい話は「なんかスゴイみたい!」程度にしか理解できず、自分たちへのメリットが見い出せないまま。こういう一面もギャップになっています。

さらに、介護ロボットに限った話ではありませんが、次のようなこともギャップが生じる原因になっているはずです。その一例として、国や自治体では研究者、役人、有識者など立派な肩書きを持つ方々を招集して「〇〇委員会」などと称して介護ロボット普及に向けた検討をしています。しかし苦労しながらロボットを活用している介護現場へ何度も繰り返し足を運び、情報を吸い上げる人(委員)は殆どいないのです。企業経営でも同じですが、本当の真実は「現場にしかない」はずです。だから、委員会では開発あるいは政策的な目線で議論した“机上のプラン”になってしまい、介護現場の実態には合致しない政策が立案されてしまうことが少なくないようです。

 

ギャップがなかなか埋められない要因を一言で説明すると、ロボット産業創出の期待が大きいために、最も肝心な「市場(customer)の理解」が置き去りのまま、「モノづくり(技術)」や「政策(ロボット関連政策のPRや実績づくり)」が優先されるからではないでしょうか? 産業創出に向けてモノづくりを推進し、政策で支援していくのは非常に良いことです。しかし、前提となるはずの「市場(customer)の理解」がそっちのけです。ビジネスは全て顧客への価値提案がベースになっています。だから、本来は「顧客の実態」を明らかにした上で解決策を提案すべきではないでしょうか?

 

「顧客の実態」を明らかにした上での解決策の提案にならない別の原因は、市場特性が全く異なるにも関わらず、「ロボット」という同じ括りの中で介護も他のロボットも一緒くたに検討・議論されるからでしょう。国や自治体ではロボット研究者らの意見を参考に、「ロボットという括り」で(介護ロボットについても)政策立案されることがあります。当然のごとく開発者目線に偏ります。これでは肝心な「市場(customer)の理解」が置き去りのままになりがちです。現場へ何度も出向き、「介護現場(あるいは介護経営)の実態を色々と調査した上で、顧客(現場)目線で解決案を提案する!」というよりも「開発(モノ)ありき」「政策(PRや実績づくり)ありき」になりがちなのです。

 

ちなみに「介護ロボット」の”ロボット”という表現を嫌悪する方も少なくありませんが、「ロボット」という表現の使用は注目を集める点では都合が良かったと思います。注目されなければ新規参入組の企業も限られてしまい市場が活性化しないからです。しかし、市場特性が全く異なるにも関わらず、「ロボット」という表現が使われるために他のロボットと一緒くたにされ、おまけに開発者視点でモノづくりありきのアプローチになりがちです。これこそが介護現場とのギャップを埋めにくくしてしまう根源ではないかと考えています。

 

国や自治体の支援では解決できない「ギャップ」を埋める

説明した通りさまざまなギャップがあるのですが、介護ロボットの普及に向けて、国や自治体が支援に乗り出しています。例えば、金銭面の支援実証実験の場の提供開発サイドと供給サイドのマッチンングなどが該当します。

私自身も、神奈川県、国、それに民間団体などの活動に協力してきました。事業の名称や支援の対象こそ異なりますが、介護ロボットの普及に向けて似たような取り組み(事業)があちこちの自治体から雨後の筍の如く出てきています。

 

しかし、国や自治体、それにロボットメーカーの力では行き届かないギャップが「作り手」と「使い手」との間にはあります。それを埋めることも数あるギャップの中で普及促進へ向けた大きなカギになると考えています。国や自治体の支援だけでは解決できない「ギャップ」を埋めることを、誰かが担う必要があると考えているのです。

「ロボット普及のお手伝いで、わくわく介護と明るい超高齢社会」

この想いを実現するために、私自身にできることは何か? 国や自治体、それにロボットメーカーの力では行き届かないことで、私の力でどんなギャップを埋めることができるのだろうか? これについてよく考えました。

私、関口は、2010年以降、さまざまな介護ロボットの導入事例をみてきました。同時に、介護現場へのヒアリングを通じて、導入現場の実態把握に努めてきました。多数の介護施設を訪問しながら、どうすれば介護現場・経営の課題が解決するのだろうか?、介護ロボットの普及が加速化されるには何が必要なのだろうか? などと日夜、真剣に考えてきました。

 

「一体、何が必要なのだろうか?」

「どうすれば介護ロボットの普及がスピードアップするのだろうか?」

「カネ(購入費用)や(ロボットの)機能面の問題だけなのだろうか?」

 

と自問自答してきました。国や自治体の担当者が数年で交代していく中、変な責任を感じ何度も試行錯誤しながら悩みました。まさにカオスの状態でした。その状態が2年以上も続きました。そして、カオスから抜け出してようやく「このやり方をキチント実施すれば上手くいくはずだ!」という独自の体系的なアプローチにたどり着いたのです。

 

介護ロボットという未開拓市場の創造に向けて、また自立したプロフェッショナルとしてそれを実践していきたい!

 

これが介護ロボット経営実践会の立ち上げだったのです。

プロフィールを紹介します!

私は、アメリカの大学を卒業した後、オリンパス光学工業(現オリンパス)勤務を経て再びアメリカに留学し、経営学修士(MBA)を取得しました。アメリカの大学院在学中は、一旦休学してボストン郊外にある大手医療機器メーカーの本社で日本市場向けのマーケティング業務に従事しました。

その後、帰国して大手外資系企業や中小企業などで、業務プロセス改善・ロジステック・「売上ゼロ」「顧客ゼロ」の状態からの健康食品事業立ち上げなどさまざまなプロジェクトを経験しました。

社会人になり最初の10年間のキャリアは、「クオリティ(品質カイゼン)」「プロジェクトマネジメント」というキーワードに括ることができます。オリンパス時代に配属されたのは品質カイゼンの旗振り役を担う部署でした。

アメリカの大学院でMBAを取得した直後は、大手外資系企業でシックスシグマという品質カイゼン(経営改革)の手法を使って課題解決を請負う社内コンサルタント(ブラックベルト)の立場でプロジェクトを推進しました。また、中小企業で経験した「売上ゼロ」「顧客ゼロ」の状態からの新規事業(健康食品事業)立ち上げと、責任者としての事業運営の経験は失敗続きながらもアメリカのMBAで学んだマーケティングよりも遥かに実践的で得るものがありました。

 

そのような経験を活かし、介護ロボットと接点を持つ前は、健康食品や化粧品など通販事業のマーケティング支援をしていた時期があります。この業界では、TV・チラシ・雑誌などの媒体を駆使して、お客さん・著名人、それに医師など影響力のある人を巧みに広告塔として使いながら、稼ぎだした売上の多くを広告宣伝に再投資します。

「必ずしもたいしたことないモノ」を「すご~い!」「買いた~い!」「チョ~お得!」などと消費者に思わせるために、ちょっと行きすぎた巧みなマーケティング手法(演出)を、薬事法(今は、医薬品医療機器法)違反などに引っ掛からないように展開するのです。そんな薬事に違反しないようにと「”血液サラサラ”はダメだが”サラサラになる”ならOK!」などと指南することを業としている輩までいるのです。

 

時間の経過と共にそのような業界を支援する仕事に違和感を持ち始めました。罪悪感さえありました。潤うのは販売業者や広告業界ばかりです。やっていることは広告投資とリターンのカネ(数字)をシミュレートしながら、さまざまな手法を駆使しながら消費者の欲望や不安を煽るだけです。まるで社会に役立つ感じがしなかったのです。

そんな業界とは異なり、かながわ福祉サービス振興会でスタートさせた介護ロボットの仕事はまさに社会課題の解決でした。

なお、私のプロフィールは、「主宰プロフィール」のページでも紹介しています

 

売り手」と「買い手」、
双方のお手伝いを通じて明るい超高齢社会づくり

実物を手にしてもらうことなく、営業マンが説明に出向くこともないにも関わらず、短時間で消費者に商品について理解させて、「欲しい!」と思わせる宣伝がとても巧みなのが健康食品や化粧品の通販業界です。一方、技術やモノ作りばかりが先行していてマーケティング面が弱く、顧客とのギャップを埋められないのが多くのロボットメーカーではないかと思います。

そんなロボットメーカーを含め、介護ロボット市場に参入している、あるいは参入を検討している企業や団体を対象に、市場開拓のお手伝いを通じてロボット普及に貢献したいと考えています。

同様に、これまでに学んだ経営や業務改善などの手法を上手に駆使して、経営課題の解決を目的に介護ロボットの導入・活用を検討している施設や病院などを対象に、介護ロボット導入・活用を経営に活かすお手伝いを通じてロボット普及に貢献したいのです。

 

「売り手」と「買い手」の双方の課題解決でギャップを埋めるお手伝いを通じて、何かとマイナスなイメージを持たれる介護現場や介護業務をわくわくするものに変えて、明るい超高齢社会づくりに貢献したいと考えています。

「わくわく介護と明るい超高齢社会」を目指して努力を続けていきたいと思いますので、どうぞこれからも変わらぬご支援のほどお願い致します。

介護ロボット経営実践会 主宰

介護ロボット市場開拓のマーケテイング

【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛び付く前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると