2016年 6月 20日(月)

【キーワード】

  • 支援
  • 教育
  • 意識改革

去る614日(火)に開催された埼玉県事業の「埼玉県 リハビリ・介護ロボット研究会」のパネルディスカションでモデレーターを務めさせていただきました。テーマは「介護施設へのロボット導入の課題とそのソリューションについて」(→ こちらの記事も参考に!)。

 

今回のコラム「介護ロボットの着眼的では」、そのパネルディスカションの中で指摘された素晴らしい意見をいつくかご紹介します。

 

Q: 介護ロボットを施設に上手く導入して活かすために、(メーカー側に要求するばかりではなく)施設としてはどのような努力を行うべきか?

 

パネルディスカションには介護施設から3名の方が参加されましたが、その中の1人が施設にリフトを導入された際の取り組みを紹介してくれました。その取り組みでは、リフトという機械を導入するに際し、法人内で勉強会を開催して、職員の意識改革に時間を割いたとのことです。

同時に、利用者さんやその家族からリスト導入に関する理解を得るための努力をされたそうです。また、その方は介護ロボットを施設に上手く導入して活かすために要件として現場のアセスメントと職員に対する教育の必要性を主張していました。

また、別の施設の方は、ビジョンの共有化と主張されました。これはどこの法人でも職員同士の考え方や意見がバラバラになりがちですが、皆が同じ方向に向かって進んでいかれるようにまずはビジョンの共有が必要であるという意見です。

 

パネルディスカションでは、施設だけではなくロボットメーカーからも3名がパネリストとして参加されました。

 

Q:介護という市場は他にロボットが導入されている市場と比べて、どういう特徴があるか?

 

パネリストの一人曰く「工場などで使われる産業用ロボットは、決まった工程を決まった設定の中で動くことになるが、介護では人がロボットを使い、コスト面を含めて想定外のことが多い」と。

 

今回のパネルディスカションでハッキリしたことは、介護現場にロボットを導入する場合、産業用ロボットのように決まった工程で、しかも決まった設定の環境下で使うケースとは大きく異なるということ。

それを認識した上で、ロボットメーカーには施設に対する対応(支援)が求められるということです。一方で、介護施設の方も、職員の意識改革、ビジョンの共有などに取り組む必要があるとのことです。

 

いずれにせよ、誰が実施するにせよ、ロボットメーカー側と介護施設側をつなぐ支援や教育のようなことが不可欠である。これが今回のパネルディスカションでは共通の認識でした。

販売事業者向け

【特別レポート】
介護市場に販売事業者として新規参入したい

【No.42】分厚いレポートと保険給付外の市場の可能性
【No.41】販売事業者は、どのようにセミナーを開催するべきか?
【No.40】製造業のサービス化が進んでいく中、介護ロボットは?
【No.39】縦割りの弊害とカニバリゼーション
【No.38】介護ロボットのセミナーやアンケートの活かし方
【No.37】介護ロボットの普及は「見える化」が解決してくれる
【No.36】介護ロボットの普及・市場開拓のブレイクスルー
【No.35】介護ロボットの買い手の効用を妨げているものは?
【No.34】平成31年度の補助金は早期争奪戦か?
【No.33】介護ロボットはキャズムを越えられるか?
【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛びつく前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると