施設の中で介護ロボットの導入・活用を成功させるためのポイントは、現場を巻き込みながら、組織として「体制づくり」や「仕組みづくり」に取り組むこと。

組織の中で「人に動いてもらう」「人を巻き込む」ことが重要なポイントの1つとなります。こちらのページで紹介する事例では、いずれも人(職員)を上手に巻き込んでいることがわかるはずです。

事例1:現場は導入に大反対、しかし経営視点から見事に導入

事例1ではトップダウンの成功例の一つとして紹介します。成功例の一つというよりも、介護ロボットを経営視点から戦略的に導入した素晴らしい事例です。

 

A施設長には、ある想いがあり、介護ロボットが現場に役立つのではないかと考えました。しかし、当時の現場は「ロボットの導入=余計な仕事が増えるだけ!」と考えるだけであり、ロボットの導入にはまるで興味なし。現場のB課長もロボット導入には反対でした。

そこで、A施設長は、現場のB課長を介護ロボットの見学・視察に行かせました。何度か調査させてレポートまで書かせたました。そして、A施設長がB課長のレポートにフィードバックをすることで、B課長はさらに調査を続けざるを得なくなり、徐々にロボットについて詳しくなったのです。しかも、B課長は、レポートを書く過程で現場への導入可能性を探るようになりました。

結局、ある機種であれば「ウチでも使えるのでは?」と判断しました。その後、経営会議の場で理事長さんにプレゼンする運びとなったのです。その際は、プレゼンをうまく仕掛けたのでした。なんと導入提案をしていたコミュニケーションロボットを使って理事長さんに丁寧に挨拶させるシーンを敢えて演出したからです。もちろん、理事長さんは上機嫌。プレゼンは成功して導入に至ったのです。

 

この事例では注目すべき点がいくつもあります。

一つ目は、B課長を含め、介護ロボットの導入に反対だった介護現場に対して、上手に課題を与えて自主性を重んじながらロボット導入の提案をさせた点です。「もっと頑張りましょう!」の事例にて紹介した、よくありがちな上層部からの「やれ!」という指示で現場を動かそうとしたのではないのです。

二つ目は、介護ロボットの導入に大反対だった現場を動かし巻き込んだだけではなく、最高責任者である理事長を上手にヒーローにさせてあげた点です。というか、あらゆる方面(上の人、下の人、施設、地域など)へのプラス効果をあらかじめ検討していた点が素晴らしいのです。

三つ目は、二つ目に関連しますが、(導入した)介護ロボットを、単なる現場で使うツールとして使ったのではなく、経営的な視点から戦略的に導入した点です。導入に際し、敢えてメーカーと施設の双方がwin-winになることを戦略的に検討していたのです。

その一つが、巧みに広報・宣伝に活用したことです。施設長さんは、導入すればメディアが取材に来ることを予知していたのです。TVなどで紹介されれば、施設はもちろん、施設がある小さな街まで全国に知れ渡ることになります。そして、メディアの取材を理事長に対応してもらったのです。

そうすれば、理事長の名前が知れ渡ることにもなります。また、施設がロボットを使っている様子がメディアに露出すれば、ロボットメーカーにとっても非常に大きな宣伝効果となります。こういうことをあらかじめ想定して導入を決意した点が素晴らしかったのです。

事例2:委員会運営で自主的に課題を解決させる

これは、トップダウンではなくボトムアップで意思決定した成功例の一つとして紹介します。

A施設では、施設内で課題として扱うべきテーマ(例えば、「紙おむつのムダを無くす!」)が決まると、ヒラの職員達から構成される「委員会」を設置していました。委員会で議論して決まった内容を、トップに提案し、採択してもらうという意思決定のプロセスを採用していました。

委員会の運営に関しては、「before(導入前)vs. After(導入後)」の費用を比較するコツなどについて、管理職が少しだけアドバイスすることがありました。しかし、原則、すべてヒラの職員達だけで行われていました。

この委員会ではあるロボットの導入を提案することになりました。そして、幸いなことに、採択されました。自分達が提案したロボットだったので、現場の職員達は一生懸命に使おうと努力しました。

 

この方法では、優れた点が3つあります。

一つ目は「自主性の尊重」です。現場の職員の自主性に任せた課題の解決でした。上からの指示で受身になって仕方なく業務をやったのではなく、自らが提案した方法で解決したのです。だから、現場の職員たちのやる気がはじめから違いました。

二つ目は「モチベーションアップ」です。現場の職員たちが提案した内容が具現化されたので、業務に対してモチベーションがアップしました。

三つ目は「人材育成」という点です。委員会で提案を行うためには、施設長をはじめ他の職員を説得しなければなりませんでした。当然ながら、資料をまとめたり、プレゼンを行うことになりました。また、調査が必要になることもありました。こういう業務を自ら率先しながら、考えて、行動に移していくことが、結果として資料作成やプレゼンのスキルアップをはじめ、立派なOJT(On the Job Training)となりました。人材育成の機会になったのでした。

事例3:ロボットなのに、チームや家族の一員扱い

  • 名前を付けてあげる
  • 名前の候補を広く、利用者さんの家族からも受け付ける
  • 家(ハウス)を用意してあげる
  • 「パロ君 富山県出身」
  • 介護スタッフの一員のように扱う

癒しを与えてくれるアザラシ型のパロ

これらは、どれもアザラシ型のパロを上手に導入した施設の例です。

パロに限らず、上手く介護ロボットを導入・活用するポイントの一つは「皆を巻き込む」ことです。法人や施設内の一人、二人の担当者だけがロボットを活用するのではなく、チームとして介護ロボットの導入・活用をした方が遥かに上手くいくのです。

上に書いたパロの導入・活用例では、押し付けがましさがなく、さりげなく他人を巻き込んだのです。詳しく説明しましょう。

例えば、新しく導入するパロのことを知ってもらう手段の一つとして、「名前を広く公募する」という方法があります。公募の対象を、施設内の職員だけに限定するのではなく、利用者さんや利用者さんの家族にまで広げたのでした。

そして、公募の結果、決まった名前を大々的に発表しました。施設内の掲示板に張り紙を掲示しました。施設が発行するニュースレターには「新しい仲間(パロ)の名前が決まりました!」と記載しました。こうやって、「新しくパロというロボットがやってくること」を皆に周知されることができました。それには、「ロボットを導入するので使いなさい!」と上から目線ではなく、可愛いパロに新たな名前を付けてあげるという「遊び心」がありました。だから、周囲の協力が得やすかったのです。

「矢島さくら」と名付けられたパロちゃん
(神奈川県横浜市都筑区の施設にて)

名前を公募する以外には、例えば「家を用意してあげる」という方法があります。「パロハウス」を作ってあげたのでした。

パロハウスを施設の玄関口に設置しておけば、人が出入りする度にパロの存在が目に付きます。いつもなら、「こんにちは!」や「失礼しました!」などと必要最低限の言葉しか交わさない人までが、「あら、この子、可愛いわね~」などと口にすることになります。パロの存在が人と人とのコミュニケーションを円滑にさせるキッカケを作ってくれました。

また、別の施設では、氏名と出身地が記載された介護職員一人一人の顔写真が掲示板に貼り出されていました。そこで見付けたのです。「パロ君 富山県出身」と記載された写真を。パロがロボットというより職員として扱われていたのです。

このように「遊び心」を持って、ロボット(パロ)をあたかもチームや家族の一員のように扱うことより、施設内の職員はもちろんのこと、利用者さんやその家族にまで一体感が生まれたのです。

 

以上、パロの事例を紹介しましたが、同じようなアプローチは他の機種(ロボット)にも使うことができます。全ては工夫次第なのです。

いかがでしょうか? これまで数多くの導入事例をよく調査してハッキリしていることがあります。それは、次の通りです。

介護ロボット導入活用の最大のポイントは、(経営陣が)現場を巻き込み、体制を整え、仕組みをつくること。

【無料】でお届け!

3大特典+ボーナス

1.レポート
2.割引キャンペーン
3.コラムの案内

3点について学ぶ介護事業者向けセミナー
・PDCAの回し方
・業務の標準化
・目標設定

【No.42】分厚いレポートと保険給付外の市場の可能性
【No.41】販売事業者は、どのようにセミナーを開催するべきか?
【No.40】製造業のサービス化が進んでいく中、介護ロボットは?
【No.39】縦割りの弊害とカニバリゼーション
【No.38】介護ロボットのセミナーやアンケートの活かし方
【No.37】介護ロボットの普及は「見える化」が解決してくれる
【No.36】介護ロボットの普及・市場開拓のブレイクスルー
【No.35】介護ロボットの買い手の効用を妨げているものは?
【No.34】平成31年度の補助金は早期争奪戦か?
【No.33】介護ロボットはキャズムを越えられるか?
【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛びつく前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると