販売事業者向け支援のご案内

~より顧客を中心に考えた、より顧客の問題の本質を解決する取り組み~

介護ロボット経営実践会では、事業を成功へと導くため、従来の手法とは異なるアプローチで介護市場における販売事業者を支援しています。

それは、単に自社製品の機能や価格面の強調ではなく、顧客(介護事業者、自治体)の目標達成(例:業務プロセス改善など)を支援しながら、自社製品の最適な活用方法を提案する、顧客を中心に据えた戦略の提供です。

自社製品の機能や価格を強調するだけでは販売に直結することは難しく、新製品を導入する際には買い手である施設とのギャップを埋めるためにも積極的な啓発が不可欠です。

従来の手法では製品の機能や価格を主にアピールしますが、情報過多の中、施設が最適な選択をすることは難しいです。

施設は補助金の活用を前提に導入(購入)の判断を下すことが多々ありますが、導入後に「これではなかった」「何かが違う」と後悔することもあります。そのように施設では常に試行錯誤を繰り返しがちです。

このような市場環境を考慮すると、製品の機能や価格の強調よりも、むしろ施設の課題解決に焦点を合わせることが市場開拓には重要です。彼らの課題を解決するための「サポート役」や「コンシェルジュのような存在」としての役割が求められます。

事業者は施設の課題解決を積極的にサポートし、その解決に向けた(施設の)活動プロセスに自社商品を適応させる必要があります。自社製品を販売する際には、そのようなサポートも大なり小なり不可欠であり、それが成功につながるのです。

施設向けの販売とは異なり、自社製品を自治体に提案する手段もあります。一つの自治体での採択実績が他の自治体へと波及することがあります。また、介護事業者を監督する立場である自治体での実績は、後に介護事業者への販売に大きな影響を与えます。このアプローチは、非常に効果的な市場展開方法の一つです。

しかしながら、自治体への提案は一般的なBtoB(企業間取引)の営業手法とは異なります。彼らの意思決定のプロセスには時間を要することが多く、民間企業向けの慣習的な営業アプローチは適切ではありません。会食や贈与などの行為も慎むべきです。

自治体での採択実績は、介護事業者向けの市場開拓に有益な影響をもたらすことが期待されます。ただし、このアプローチは十分に計画され、慎重に構築されることが不可欠です。

当会では、従来とは異なる視点から、商品の機能や価格だけでなく、顧客(施設、自治体)の課題に焦点を当て、その本質にアプローチする支援を提供いたします。一般的なやり方(価格や機能面の訴求)とは一線を画す、新しい取り組み(シナリオ)をご提案しています。

マーケティング戦略強化で市場開拓のスピード化

第1段階では、現状の課題を把握し、理想的な状態に近づくためのマーケティング戦略のシナリオを策定します。

次の第2段階では、初期の戦略仮説をもとに実行に踏み込んでいきます。そして、進捗をモニタリングしながら修正を行い、より迅速に成功へと導くためのサポートを提供します。

当会の支援サービスを初めてご利用いただく方には、「単発相談」をお勧めしています。このサービスは販売事業者向けに提供されており、オンラインで行われます。しかも、無料でご利用いただけます。

単発相談

単発相談は、Zoomを使用して開催されます。このサービスは無料でご利用いただけます。以下のような販売事業者におすすめします。

  • 自社のマーケティング戦略について相談したい!
  • 顧客育成の方法(セミナーの開催など)について教えて欲しい!
  • 新しいビジネスモデルを検討したい!

販売事業者向けセミナー

当会では、介護市場で販売を拡大したい企業向けに、最大2.5時間の出張型セミナー(オンラインも可能)を開催しています。このセミナーは、「前半:セッション」と「後半:相談」の2つのパートから成り立っています。

このセミナーの対象は、主に2つのグループに分かれます。一つ目は、まもなく新たに参入する、あるいは参入したばかりの企業です。もう一つは、すでに複数の機種で代理店契約を結び、販売活動を行っている企業です。

前半のセッションでは、約80~90分をかけて、前述の内容に加えて、当会独自の視点から介護施設向けのマーケティング戦略を詳しく解説します。そこでは、販売が終了した教材「ロボット市場開拓のマーケティング」に記載された内容についても一部説明させていただきます。

後半の相談では、参加者と共に、貴社が直面している課題や次のステップについてディスカッションを行います。このセミナーを通じて、新しい視点や戦略を共有し、具体的な成功への手順を共に考えていくことを目指しています。

 

介護市場の特性に基づき、販売事業者である貴社には戦略やマーケティングの支援を提供します。一方、潜在的な顧客である施設に対しては、売り込みではなく、オペレーションの改善や経営力向上に焦点を当てたサポートを提供します。これにより、貴社と買い手とのギャップを埋め、販売につなげるお手伝いをします。

お知らせください!

販売事業者向けの支援サービスの内容について、何かご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお知らせください。

「お問い合わせフォーム」をご利用いただけます。

【No.45】補助金が、自主性や積極的な改革の意識をダメにする?
【No.44】介護ロボの普及:国や自治体の補助金政策は何が問題なのか?
【No.43】コロナ禍で介護ロボットの普及は阻まれるのか?
【No.42】分厚いレポートと保険給付外の市場の可能性
【No.41】販売事業者は、どのようにセミナーを開催するべきか?
【No.40】製造業のサービス化が進んでいく中、介護ロボットは?
【No.39】縦割りの弊害とカニバリゼーション
【No.38】介護ロボットのセミナーやアンケートの活かし方
【No.37】介護ロボットの普及は「見える化」が解決してくれる
【No.36】介護ロボットの普及・市場開拓のブレイクスルー
【No.35】介護ロボットの買い手の効用を妨げているものは?
【No.34】平成31年度の補助金は早期争奪戦か?
【No.33】介護ロボットはキャズムを越えられるか?
【No.32】産業用と異なるからこそ必要なこと
【No.31】介護ロボット販売で先にやるべきこと
【No.30】成功への第一歩はメニューに載ること?
【No.29】 過去のターニングポイントと面白い取り組み
【No.28】 平成30年度の介護ロボット予算で気付いたことは…
【No.27】ロボット活用に向けた施策で最も重要なことは…
【No.26】市場開拓にレバレッジが効く「1対N」のアプローチ
【No.25】介護ロボット市場の開拓にも必要なユーザー教育
【No,24】誰が介護ロボット市場を制するか?
【No.23】介護ロボット代理店の苦労
【No.22】ロボットビジネスのセグメント化
【No.21】「ニーズの違い(バラツキ)」とイベント企画
【No.20】施設が補助金に飛びつく前にやるべきこと
【No.19】施設にとってロボットの導入で最も重要なことは?
【No.18】ロボットをロボットとして見ているだけでは?
【No.17】ロボット市場への参入は凶と出るか吉と出るか?
【No.16】ロボットセミナーの開催で判明した顧客のニーズ
【No.15】潜在顧客から見た見守りロボット
【No.14】介護ロボットは6年前より増えたが、その一方【No.13】見守りロボットは是か非か?
【No.12】介護ロボットを活用する直接的なメリット
【No.11】ロボットに頼らない活用方法は?
【No.10】施設の介護ロボット選定の実態は?
【No.9】介護ロボット市場の開拓には?
【No.8】補助金政策による光と影
【No.7】補助金のメリットとデメリットは?
【No.6】自治体支援策の特徴は?
【No.5】ハードだけではなく、ソフト面も必要では?
【No.4】介護現場にロボットを導入するための要件は?
【No.3】なぜ、「普及はまだまだ!」なの
【No.2】介護ロボットの認知度は飛躍的に高まったが
【No.1】介護ロボットの普及を電子カルテと比べると